西宮市 予防歯科 天羽歯科

〒662−0822 兵庫県西宮市松籟荘11−22 ●電話0798−53−8007 ●FAX:0798−53−8350
院内ツアー

天羽歯科クリニックの院内の様子をご覧頂けます。

診療科目
天羽歯科クリニックで解決できるお困りの症状がわかります。
インプラント歯科
第2の自分の歯といわれるほどの、快適なライフスタイルを提供するインプラント治療
矯正歯科
歯並びの良さは一生を変えてしまうほどの影響があります。矯正歯科は多くの人に幸せを提供しています。
ホワイトニング 審美歯科
歯の色、見た目を気にせずに笑顔、会話が出来るように治療をしていきます。
予防歯科
虫歯にならないための予防、定期検診をすることでお口の健康を通して豊かなライフスタイルを過ごす提案をしています。
歯周病治療
歯周病でお悩みの方、抜かないといけないと歯医者で言われてお悩みの方はこちらをご覧下さい。
小児歯科
小児歯科専門医が常駐をしています。お子様のお口の健康は専門医にご相談下さい
レーザー治療
歯にレーザー光線を当てることにより、殺菌効果と初期虫歯の進行抑制に効果があります。
マタニティー歯科
お子様の歯の健康づくりはお母さんのおなかの中にいる時からスタートします。妊娠中から大切なお子様のむし歯を予防していく歯科医療です。
スポーツ歯科
スポーツで活躍したい人にとって、大切な歯を守る歯科医療です。
プライスリスト
自費治療に関する治療費に関してのご案内です。
なるべく痛くない治療
むし歯があるんだけど、歯医者さんは痛いから行きたくないと思っていませんか?
滅菌の取り組み
ヨーロッパでBクラスと呼ばれる世界最高水準の滅菌器を導入しています
予防歯科 メンテナンス

 

 

『生涯自分の歯で食事する幸せを!』

あなたはこう思っていませんか?

「虫歯があるみたい。歯医者に行かないと」
「歯茎から血がでるなぁ。歯石でもとってもらうか」
「最近歯がうごきだしたなぁ。歯医者に行ってみるか」

そして虫歯の治療の後、こう思ったことはありませんか?
虫歯の治療は痛かったし、今度からもう少し早めに行こう・・・って。

果たしてそれは正解でしょうか?

一度治療の手が入った歯は、繰り返し治療をする運命にあります。

何故でしょう?
どうしてなんでしょう?

虫歯の治療をするということは、削って詰めて、修理しているということです。
修理することはできても元の状態に戻すことは残念ながら現在の医療ではできません。

だから大切なのは虫歯ができてから治すのではなく、虫歯ができないようにすること!!です。

 

『年を取ったら歯は悪くなって当たり前?』


「年を取ったら歯は悪くなって当たり前だ」と思ってらっしゃる方もたくさん、いらっしゃいます。

皆さんお話しすると驚かれますが、日本では現在、80歳の方の平均残存指数はたったの6.8本(厚生省調べ)です。

通常、人間のお口の中には28本の歯がありますから、約4分の1しか残ってないのです。

アメリカであれば85歳のときに平均15.8本、スウェーデンであれば75歳で平均19.5本の平均残存歯数となっています(サンスター調べ)。

なぜ、こんなに大きな差がついてしまったのでしょうか?

それは、日本の保険制度に問題があります。

日本の保険制度では「悪いところを削ってつめる」ことしか保険として認められていなかったからです。

ですから、日本人の頭の中に「歯医者は歯が痛くなったら行くところだ」という意識がついてしまったのです。

そして、歯医者自体も削ってつめる治療ばかりを行い、「どうしたら悪くならないように予防できるか」ということを考えても来なかったし、患者様に伝えても来なかったのです。

これが欧米諸国との間に大きな差がついてしまった最大の原因です。

 

『どうしたら歯を残せるの?』


では、どうしたら歯を残せるのでしょうか?
欧米諸国はどのようにして、歯を残しているのでしょうか?

その答えが1〜3ヶ月に1回、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることなのです。

欧米では、治療ではなく、このメンテナンスに力を入れたことによって、国民の平均残存歯数が飛躍的に向上したのです。

日本でも、熊谷崇先生の調査によると、以下のグラフのようにメンテナンスをしっかり受けた方と受けなかった方とでは80歳になったときに約9本もの差がついているのです。

皆さんは、80歳になったときに、何本、歯を残していたいですか?


『歯ブラシでは落とせない汚れがあります』


歯石とバイオフィルムです。

歯石とは歯垢(プラーク)が固まって(石灰化)できたものであり、この歯石は表面がザラザラしているために、細菌がつきやすくなります。細菌がついて、歯と歯ぐきの間にある溝(歯周ポケット)に入り込み、それにより歯槽骨を溶かしてしまう原因となります。

ですから、歯石はきちんと取り除く必要があるのです。

また、バイオフィルムとは台所のヌメヌメのようなものであり、細菌同士が固まって保護膜を作り、殺菌剤や抗菌剤から細菌を守る役目を果たし、それによって歯ブラシでは取りづらくなります。

また、歯と歯の境目、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)についたバイオフィルムは歯ブラシで取り除くことは困難になります。

バイオフィルムを放置しておくと、虫歯と歯周病の原因となります。
ですから、これを機械的に歯科医院で取り除くことが重要です。

1〜3ヶ月に1度の定期的なメインテナンスで、バイオフィルムが再形成されるのを防ぐことが、お口の健康を保つ為にとても大切です。


『メンテナンスではこのようなことをします!!』



では、当院ではどのように皆さまに予防処置をしているか、お伝えしましょう。

1.定期的な口腔内のチェック、歯周病の検査
みなさまの状態によって、1ヶ月〜4ヶ月ごとにお口の中を診査します。
むし歯、歯周病のチェックを行い、前回と比較します。
期間は、そのかたの症状や状態をみて考えて行きます。
2.検査の結果は、担当の衛生士が説明し、みなさまにお渡しします。



3.歯石や歯垢を取り除きます
従来の歯石歯垢をとるスケーリングのみならず、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)という方法で、歯の表面から、細菌の付いたプラークをはがし取ります。

4.きれいになった歯面にフッ素を塗布し、エナメル質の強化や細菌の活動の抑制をはかり、  むし歯の予防に役立てます。


5.また、ご希望される方には、歯周病やむし歯のリスクテストを行っています。

「しっかり歯みがきをしているのに、なぜむし歯がふえるの?」
「この前、歯医者に行ったばかりなのに、またむし歯?」

そのような悩みをお持ちの方や、ご自分の状態を知りたい方は、リスクテストをうけてみてはいかがでしょうか?

あなたのむし歯や歯周病のなりやすさ、なりにくさがわかります。

そして、それは何が大きな原因なのか。

唾液の量か? 虫歯菌、歯周病菌の数か? 唾液の抵抗力か? 食事の回数か? フッ素の使用頻度か?

・・などなどさまざまな要因が出てきます。

そして、これらはひとりひとり違います。

その結果、「ではあなたは何に気をつければいいのか」ということがわかります。

むし歯や歯周病は細菌が原因で起きるものです。

どちらも、現在では進行を管理することが可能となってきました。
重度に進んでしまってからでは、治療も機能回復も困難になってきます。

出来るだけ進行しないよう、定期的なお口の中の健診、お手入れをしていきましょう。

誠に申し訳ございませんが、
現在メールでの相談を受け付けておりません。

御用の方は,、恐れ入りますが
医院まで直接お問い合わせ下さい。

ご予約・お問い合せ
TEL:0798−53−8007

 

診療時間

<一般部門>
  9:00〜13:00
 14:00〜20:00
<小児部門>
 10:00〜13:00
 14:00〜18:00

休診> 木・日・祝日
(平日に祝日がある際は、
木曜日診察しています)

ご予約・お問い合せ
TEL:0798−53−8007

アクセス
院長紹介
院長のプロフィールはこちらから
歯科医師紹介
医院に勤務する歯科医師たちを紹介します
無料メール相談
歯に関するご質問はこちらからご相談下さい。少しお時間を頂く場合もございますがお応えを致します。
歯科医師求人
天羽歯科クリニックでは現在、歯科医師を募集しています。
歯科衛生士求人
天羽歯科クリニックでは現在、歯科衛生士を募集しています。予防歯科、小児歯科を重視した医院で一緒に働きませんか。
メディア掲載
天羽歯科クリニックが各種マスコミで取材された内容をご紹介します。
〜日々成長、日々感謝〜 院長 大介先生のブログ
美知子先生のブログ

西宮市 歯科 天羽歯科
天羽歯科携帯サイト

 

 

兵庫県西宮市の歯医者 天羽歯科クリニック(インプラント 矯正 審美 予防)には西宮市 宝塚市 尼崎市 神戸市 芦屋市 大阪市から患者様が来院されています。
−西宮市 歯科 歯医者 歯科医院 インプラント 兵庫県− >>無料相談メール相談
〒662−0822 兵庫県西宮市松籟荘11−22 ●電話0798−53−8007 ●FAX:0798−53−8350
今津 歯医者阪神国道 歯医者西宮北口 歯医者門戸厄神 歯医者甲東園駅 歯医者
Copyright© 2007 - amo-dc.com - All Rights Reserved.